読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CindⅢ site

うつ病ADHDフリーライターのクズがクズに寄り添い生きづらい世の中をなんとか生き抜いていくためのブログ

いつ経営者になるか分からないから、日商簿記3級は取ろう

日常 オピニオンもどき

スポンサーリンク

1月15日に開業しました、個人事業主のシンディです。

来年の春には売上や経費をまとめて、確定申告をしなきゃいけません。おーこわ。
 
税務署からご案内のチラシをいただきまして、青色申告会の記帳説明会に行ってきました。
 
f:id:cindIII:20160426151924j:image
 

 

内容は「青色申告したい人は確定申告に向けてこんなのを書いてね」というもの。
確定申告には白色申告と青色申告という2種類があるのですが、開業しちゃってる人は基本青色を選択します。
 
現金出納帳や経費帳などのサンプルや経費で落ちるものがまとめられたプリントをいただき、2時間ガッツリ説明されてきました。
 
こんな漢字がずーらずら。
  • 現金出納帳
  • 売掛帳
  • 買掛帳
  • 固定資産台帳
  • 減価償却資産
  • 事業主勘定
  • 損益計算書
  • 貸借対照表
  • 勘定科目
いやーー見てるだけでも頭痛くなる。
こちとらバイオ専攻だった理科系女子ですよ。
勘定科目って当たり前のように言われても、まず勘定科目って概念が分からない。
 
……とは、ならなかったんですよね。
 
なぜならわたしは日商簿記3級を持っていたから。
専門用語も話の流れも分かるぞ!
今日ので確信したから言う。開業して、自分で会計やんなきゃいけなくなってからずっと思ってたんだけど、日商簿記3級はみんな受けるべきだ!!!
 

 

日商簿記検定3級で仕組みがわかる

わたしは女子高生(19)時代、「簿記を履修して日商3級を取れば追加で1単位がもらえるよ!」という言葉につられて簿記を履修し、日商簿記3級も受検して合格しました。
 
そこで学んだのが、複式簿記の基礎的なしくみ。
簿記って美しいのです。
経営成績を把握する損益計算書、
財政状態を把握する貸借対照表。
パズルのように左右がピッタリ合うんです。
楽しい。
 
そして、さっき述べたような基本用語の意味がイヤでも分かるようになります。
概念の説明をすっ飛ばされても言葉が頭にスッと入ってきます。
便利だ。
 
あと、電卓を左手で打てるようになります。
かっこいい。
 
別に会計の世界に深入りしたくはないけど、世の中のしくみはちょっと知っていたい。
そんな人にぴったりな、言葉やしくみについての知識を最低限身につけられるのが日商簿記3級なのです。
ITパスポートならぬ会計パスポートみたいな感じでしょうか。
 
ついでに、電卓弱いの〜とか数字ダメで〜とか言ってる人に朗報。
わたしADHDですが、半年も軽く勉強したら受かりました!!
意外とできるもんだぞ!簿記を受けよう!!
 

いつ経営者になるか分からないよ?

わたしが大声出して言いたいのがこれ。
あなた、いつ経営者orそれ的ポジションの人になるか分からないよ?
 
雇われ会社員で専門部隊に全て任せっきりなうちは、何も知らなくてもやっていけるかもしれない。けど、あなたが所属している会社に何が起こるかわからないし、あなた自身やパートナーに何かが降りかかるかもしれない。
会社を辞めて「職業:自営業」を名乗る日がいつ誰に来てもおかしくないんです。
事故でも怪我でも災害でもみんなそう、まさか自分に限って…なんてのはないんだってこと。
 
税理士さんなんか雇えなくて、その時に自分がやらなきゃいけない申告について概観すら理解できなくて、聞いても頭の中が???でいっぱいになるのって面倒臭いし悔しいヨ。
 
それよりも
「あっ!ここ簿記の試験でやったところだ!」
「あっ!ここも日商のテキストに出たところだ!」
を繰り返してするする理解していく方が、時間の使い方としてはきっと上手なんじゃないかなと思います。
 

日商簿記3級を受けてみよう

簿記の検定試験はいくつかありますが、最もポピュラーなのが日商簿記。
全商簿記、全経簿記はスルーでOKです。
ちなみに「日商」は「日本商工会議所」の略。
 

試験のレベル

日商の公式Webサイトから日商簿記3級のレベルを引っ張ってくると、
ビジネスパーソンに必須の基礎知識。

とあります。

本当にその通り、ビジネスパーソンなら誰でも把握していていい資格だ!

そして、
経理・財務担当以外でも、職種にかかわらず評価する企業が多い。
基本的な商業簿記を修得し、経理関連書類の適切な処理や青色申告書類の作成など、初歩的な実務がある程度できる。
中小企業や個人商店の経理事務に役立つ。
ドンピシャで青色申告書類の実務が対象!
 

試験の概要

試験は年に3回あります。2月・6月・11月。
わたしは明治大学にお邪魔して受検しました。
受検料は3級なら2570円(税込)です。安い!
 
わたしは4月から勉強を始めて11月に3級に合格しました。
つまり、今から始めれば11月に間に合うのだ!個人差はある!!
 

参考書は1冊あればOK

参考書はテキストと問題集を1冊ずつ、または一緒になってるのを1冊買ってやりこめば割とどうにかなっちゃいます。

テキストを読み込んで、問題集を2周、過去問を数年分やれれば大丈夫かと!

合格ラインの70%を超えるまではちょっとキツいけど、そのあとは早いはず。

 

まとめ?

ざっくりいいますと

いつ経営者になるか分からんのだから、ビジネスパーソンとして必須な知識の宝石箱こと日商簿記3級くらいは取っておこうぜ

ってこと!です!!

商業高校や経済学部、商学部出の方は普通にこなしてきたかもしれないけれど、普通科高校卒や理科系大学生でまったく会計のお話が分からん人にこそ日商簿記が本当におすすめ!!!

…ということを実感した青色申告会帰りでした。

 

わたしは2級の受検を真剣に考えよう_ノ乙(、ン、)_

 

 

Cyndi.