読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CindⅢ site

うつ病ADHDフリーライターのクズがクズに寄り添い生きづらい世の中をなんとか生き抜いていくためのブログ

フジオユウト@大塚MEETSを撮影しました。

休職日誌 音楽 写真

スポンサーリンク

休職、48日目。

 
最近半身浴にハマっている。iPhone6をジップロックに入れてお風呂に持ち込み、きき湯の青いやつ(ガンバ大阪色)を入れて、青と黒(ガンバ大阪色)のアヒルを5匹浮かべた湯船につかる。
 プラスチックのカップに安い冷たい緑茶を入れて、ダイソーで大量買いしたストローをさして、ちゅーちゅー水分補給しながら、Smartnewsでも見る。
 
ふと、今日はなんでこんな長く半身浴してるんだ?と思った。今日はもともと慶應の院生と日吉のカフェで会う予定だったのが延びて、暇になったんだった。だから珍しく自炊なんかしたんだっけ。
で、リスケになる前に、ひとつお誘いを断っていたんたっけ。
 

大塚MEETS Just MEETS!!!!

時刻は18時をまわっていた。メールをしたらすぐ返ってきた。わたしは着替えて、すっぴんのまま都電に乗った。
 
f:id:cindIII:20151016033540j:image
 
大塚MEETSはワンドリンク600円だけれど、ソフトドリンクは300円みたいで、わたしはツードリンク飲めた。酒が飲めないのも得だなと思った。
遅刻しかけたのに見知った顔が男性と話している。声をかけると嬉しそうな顔で、俺、半からやった!と言ってきた。
ちょっと待ってな、とハケて、CDを手渡された。彼が所属しているバンド。
f:id:cindIII:20151016033832j:image
ステージでは金髪のロックンローラーが、完全に自分の世界に入り込んで、楽しそうに楽しそうにライブをしていた。彼はいつまでこうやって音楽をするんだろうねえと思っていたら、なんと、19歳…だった……これからにも程がある。がんばれ。喉を痛めてるからハチミツ直飲みってパフォーマンスはどこの誰よりもロックだったよ。出番のあとはマスクしておとなしーくしてたのもわたしはちょこちょこ見ていたヨ。
 
バンドがセットを片付けている間に、舞台下手のカウンター席に移動した。慣れないマニュアルで、暗いライブハウスでも撮れるように調整をたくさんする。それでもなんかイマイチだった。難しい。
 

フジオユウト(ウルトラスラッシュ)弾き語り

 
f:id:cindIII:20151016034556j:image
 
わたしは人を撮りたくてカメラを買った。風景や静物のためじゃない。消えゆく表情、死んでいく細胞、瞬間の質量とかを撮りたくて、生き物を撮りたくて、なかでも断トツ魅力的なヒトを撮りたくてカメラを買った。自他共に認める目つきの悪い彼を少しでもカッコよく撮ってみたかった。でもね、難しい。生の人間のほうがやっぱり魅力的なんだよ。
 
f:id:cindIII:20151016034817j:image
 
遠い昔、高校の軽音部のライブ写真をコンデジで撮った。電源が切れたのでiPhoneで撮りまくった(頼まれ仕事)。あのときの青春は、iPhone
の画質でしか残らない。あれだけ五感と心に響いた出来事が、スマートフォンサイズでしか残らない。
iPhoneサイズでもその写真たちが残っているのがわたしはうれしい。でもそれしかないのが悲しくて仕方なかった。カメラを買ってよかった。これからはちゃんと残せる。
 
f:id:cindIII:20151016034833j:image
 
アコギでひとり弾き語りだから動きがないねと本人に笑われたけど、あなたは表情豊かで非常に撮りづらかったです。
つっても、歌ってる人はみんなそうか。
 
f:id:cindIII:20151016035648j:image
 
Facebookのアルバムにしてみたけど、彼は1枚くらい気に入ってくれるのでしょうか。
 
f:id:cindIII:20151016034742j:image
 
そういえば、彼の歌を生で聴くのは初めてだったのです。音源では何度も聞いたけど。
生のライブは良いなとおもいました。
 

と。いうわけで。

 
f:id:cindIII:20151229235027p:image
 
ウルトラスラッシュVo. フジオユウト君と
10/15、大塚MEETSにて。ありがとう。
 
f:id:cindIII:20151016040638j:image
 
全部聴きます。
 
 
Cyndi.