読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CindⅢ site

うつ病ADHDフリーライターのクズがクズに寄り添い生きづらい世の中をなんとか生き抜いていくためのブログ

コミュニケーションも、空間も、切り取ってしまっておきたいんだ

休職日誌 写真

スポンサーリンク
休職、25・26日目。
 
もう消してしまったけど、いろいろあって参ってしまっていた。ブログで勢いに任せて吐き出した。消したけど(大切なことなので以下略)
 
大事なひとに2時間電話に付き合ってもらって、目からウロコなミスコミュニケーションを指摘してもらった。
そうか、この流れだとそういう読み方もあったから、その人の返事が雑だったのか!とか、わたしはやさしすぎて人が甘えちゃうから、、こういうとこがよくないね、こう接してみようか、、とか、、、
 
f:id:cindIII:20150924133206j:image
 
Facebookにも休職日誌を書いてる。親や会社のひとにも見せていいダイジェスト版。読みやすいように短めに、ね。写真は1〜5枚くらいね。
親が絶対心配するからFacebookにも書くようにしたんだ。
それによると、昨日は1日家事をしていたらしい。そういえばそうだな。洗濯したな。ふとんも干したな。久しぶりにちゃんと料理もした。昨日のことなのに遠い昔のようだよ。ちっとも思い出せなかったよ。
 
記憶が良いように改ざんされる癖がある。
ただ自分勝手なだけならまだいいと思うけど、ADHD的なソレだからほんとにタチが悪い。
例えばやるべきことがあったとする。〆切の時間になる。やったつもりがやってない。なのにやった記憶がハッキリとある。でも、やれてない。
周りはわたしを否定するし、それは当たり前なのだけど、わたしはモヤモヤするし悲しかったしそれを吐き出せる場所もなかった。
だから何もかも記録に残すようにした。自衛のために全部残すのがくせになった(いいことなのだが)。
合ってるのかも分からんスマホのカメラに指を当てて30秒待つアプリで毎日「ストレス状態」を出しては凹み、Web屋のくせに資料はいちいち印刷し、予定は紙の手帳にも書き、行ったお店はSwarm(Foursquareから派生したチェックインアプリ)でチェックインする。食べた物は撮れそうなTPOなら写真を撮る。TodoリストはWunderlistで管理する。後で読みたい記事はPocketに保存して、読んだ記事で参考になったものはEvernoteに移す。TwitterでふぁぼったツイートはEvernoteに自動で記録されるようにIFTTTで設定した。Instagramでいいね!した写真はカメラロールとEvernoteに保存されるようにもIFTTTで設定した。
証明されている事実と証拠だけがわたしの味方で、言った言わないになったらわたしはいつも無条件に負け。
シンディがいうなら、きっとそうなんだね。って、ウソだったとしても信じてもらえる経験が、わたしには足りなかったのかもしれない。
だから、自分の考えてることに自信が持てないのかもしれない。。自分の行動や考え、信用できないもん。
 
 
また1人、わたしの失態で、大好きな人がふっと消えてしまう予感がする。
すべてのひとに好かれるのはね。
無理なんだよね。
 
 
今日会ったともだち、同い年ってだけ知ってて誕生日を知らなかったんだけど、聞いてみたら1日違いだってことが発覚した。
うれしくなった。会えてよかった。
ブルックリン・パーラーのハンバーガーはいつも美味しい。
 
 
f:id:cindIII:20150924132902j:image
 
そのあと勢いにまかせて終電に乗って、大好きな昔のバイトの先輩がはじめたバーに行った。
お店にいたのは彼と、バーのオーナーさんと、その彼女さんだけ。
先輩に始発までの4時間、つい一昨日まで3年以上連絡とれなかったぶんの積もり積もった話を聞いてもらった。
 
f:id:cindIII:20150924130642j:image
 
チャージ、ゼロ。
薄〜く、薄〜くね!と頼んで薄くしてもらったカクテル、700円。
ジュース、600円。
 
(((  °ω°  ;)))
 
自分を本当に可愛がってくれてる元ホストのお兄さんを4時間ほぼひとりじめ(2ドリンク付き)で1300円とか、破格にも程があるだろう。
 
Facebookにでも載せてくださいよ、と写真を撮ってきた。
スマホより画質がきれいなだけで、わたし自身には技術は無いのに、お兄さん方大歓喜。
 
f:id:cindIII:20150924131658j:image
 
個展開こうよ!カメラでは食ってかないの?って、カメラ歴3日(しかもミラーレス)のわたしに何を言うとるんだ。
でも、喜んでくれたからよかった。
 
f:id:cindIII:20150924131857j:image
 
バーを出たわたしのこころは、
晴れた朝5時の空のようでした。
 
さよならトラウマたち。
辛いことは吐き出すと薄まることが、よくよく分かったよ。
さようなら。
 
f:id:cindIII:20150924133149j:image
 
 
Cyndi.