読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CindⅢ site

うつ病ADHDフリーライターのクズがクズに寄り添い生きづらい世の中をなんとか生き抜いていくためのブログ

友達は選ぶべきなんだろうか。不完全な人間をどこまで許せばいいんだろうか。

休職日誌

スポンサーリンク

休職、17日目。

 
今日も何もできなかった。でも、ある意味転換期だった。
 
大好きな大好きな会社の主任様に、付き合う友達は選んだほうがいいと言われたことがある。その時はピンと来なかったけど、まぁいずれ分かるよと(彼は言ったことは覚えていないと思う。そういうひと)。
主任様はわたしと本当に性格というか、考え方が似ていて、境遇にも少しつながるところがあって、尊敬できる大事な上司。単純にちょーいいひと。本当に出会えたことに感謝してる。会社で一番信頼してる。チャラいけど。だからなのか、その言葉がなんとなく引っかかったし、覚えていたし、いつか身をもって分かるんだろうなと思ってた。
 
わたしは最近、アッパラパーで薄っぺらもいいとこな人間関係を広げすぎていて、LINEでの話し相手には困らなかったけれど、それに固執してしまっているような日々を過ごしていた。ただ寂しかっただけで。。ブーストしすぎてエンストした。固執するには値しないなと冷静に思った。付き合う人は選ぼう、と、やっとそう思えた。
どうせスマホをいじってるなら、ディズニーツムツムやって頭働かせて反射神経と動体視力鍛えたり、ReColorってアプリで塗り絵してセンス鍛えたりしたほうがいいし、動けるならプールに行ったり、雑誌切り抜いて遊んでストレス発散したほうが余程効果的でごわす。
f:id:cindIII:20150915023648j:image
↑ReColorたのしいよ。
 
 
と、いうわけで。
LINEの友達欄の整理と、ついでにiPhoneのアプリの整理をした。スッキリした。
それで、ずっとずっと引きずっていた元彼くんに、最後のお礼と、もう連絡しないから安心してねと言って、連絡先ごと削除した。もう連絡できない。
各種SNSは全部ブロックされてたけど、元彼くんはわたしのLINEだけはブロックしなかった。わたしが死なないように見ていてくれたのかもしれないなあと、最後だけ都合の良い解釈をさせていただいて、さようなら。
病院のカウンセラーさんに元彼のこと強めに言及されたの、すごくショックだったし不愉快だったけど、結果的にはいいキッカケになったよ。
お金払ってるからってキョエーーーとなり過ぎず、素直な気持ちでもう一度カウンセリングに行きたい。
 
 
f:id:cindIII:20150915023746j:image
 
ヨックモックの缶、もうひとつもらってきていて、マニキュア入れにしている。これも飾りたくて、うんうん考えていたんだけど、やはりプレゼントボックス風が適度な飾り方で良いなと思ってやってみた。
 
f:id:cindIII:20150915023914j:image
 
ドット柄のモノクロのマスキングテープで、リボンを作った。
作り方はこちらを参照。↓
 
わたしがズボラで左右のバランスが悪くなったので、折り返してごまかした。
 
f:id:cindIII:20150915024140j:image
 
マステリボン、平面的なのとくらべて全然こちらの立体的なほうが可愛いわ。
真ん中ぎゅってやると幅が狭まっちゃうけどね!

 

ヨックモック シガール YCG-D

ヨックモック シガール YCG-D

 

 

 
日曜の昼間に回した洗濯物を、月曜夜にやっと干せた。生乾きになっていて、柔軟剤のいい香りは消え去ってる。でも、そのまま浴室乾燥にかけた。
わたしは今は最低限のことしかできない身体なのだ。それを理解していなかった気がする。それか、理解してたのに結局無理してたのかもしれない。外に出よう、社会復帰の練習しようと思って、予定を入れたり人に会ったり頑張り過ぎてました。さみしいからって。
人はさみしい生き物なのだ。辛いけど、鬱を抱えていて、仕事もできてなくて、突出した才能もなくて、ブクブク太った可愛くないわたしには、しばらく愛してくれる人は現れんだろうと思う。少ないけど深い親友を作らず、広く浅くの人間関係しか作って来なかったわたしだから、そうなるのはほんとに仕方ないこと。
わたしはすべての人に好かれたかった。それが無理なのも漸く分かってきた。既に嫌われてる人を振り向かせるより今ある人間関係を大事にしろってのもずっと分からなかったけど分かってきた。
 
今日は何もできなかった。
って、毎日言ってる気がする。
でも今日は考え事ができたし、実は行動もできていたな。
 
 
仕事でちょっと政治に関わっているので、どうしても気になったニュースについて。
 
国会前では安保法制の今国会成立に反対する大規模なデモが行われていた。
SEALDsの奥田くんが民主党の推薦で今日国会の中に入る。驚いた…SEALDsは本当によくやってると思う。若者の当事者意識を上げたこと、デモのイメージを変えたこと、他の「戦争するな!」としか考えてない団体と違って立憲主義、民主主義のところからアプローチしていること、投票率向上につながる「賛成議員を落選させよう」と言うコール、国会前から普通の大学生が国会内まで行ったこと、民主党を動かしたこと、全部すごい。批判しているネトウヨたちは、そういった功績を分かっちゃいない。ついでに若い子が動いてれば全部SEALDsだと思ってて、それもちゃんちゃらおかしい話。
おときた都議の受け売りになっちゃうけど、与党だって戦争したくないから今国会で成立させようとしてるんだろうし、反対の野党側も戦争したくないから国会前に集結してるデモに協力してる。
選挙で自公が圧勝したとき、わたしは国民の無関心さと単純さに絶望してしまった。与党だけで決まってしまう国会が嫌だった。安保法制を巡った与野党の攻防は、次の選挙で有権者がどこに一票投じるかをよく考えさせる良いトリガーになったはず。「賛成議員は落選させよう」コールはもっと早く始めて欲しかった。選挙に行くきっかけはなんでもいいし、どこに入れれば分からないひとはこういう考え方もあるんだと分かってほしい。あとは、とにかくみんなこんな出来事があったということを忘れないでほしい。
何より、お堅くて内部分裂しかけの民主党が奥田くんを推薦する決断をしたのに驚いたし、拍手を送りたい。
わたしより1学年下の奥田くん、奥田くんは今日国会に入る人の中でいちばん未熟かもしれないけど、いろんな意味であなたを応援してる人がたくさんいますよ。がんばってね。
 
 
Cyndi.