読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CindⅢ site

うつ病ADHDフリーライターのクズがクズに寄り添い生きづらい世の中をなんとか生き抜いていくためのブログ

晴れた日は撮って出しをして、本を読もう。ブッカソンをした話

休職日誌

スポンサーリンク

休職、113日目。

 
12月20日。日曜日。
 
前日寝ていて行けなかった精神科に行ってきた。たまたまカウンセラーさんが土日ともに出勤だったのだ。
この日は良い天気だった。カメラを持って外に出た。
撮って出しが似合うような良い空だった。
表現しきれない下手くそな腕をへし折りたい。
 
f:id:cindIII:20160216214648j:image

 

 
f:id:cindIII:20160216214753j:image
 
f:id:cindIII:20160216214819j:image
 
担当医が違うので、薬の処方はいじらなかった。
 
この頃、病院帰りにジェラートを食べるのが恒例行事になっていた。午前中から動いたし、お昼ご飯だ!と、黒ごまのジェラートを注文した。風味豊か。
 
f:id:cindIII:20160216215106j:image
 
12月も下旬。
外は肌寒く、穴の空いたゴムのサンダルでは怪我足の爪先が冷えてしまう。
元バイト先に寄ってムートンブーツを買ってきた。底が磨り減るのは承知だ。だから安いのを買う。
 
仕事に行かなくなってから、めっきりスカートをはかなくなったなと思う。
もちろんはく日もあったけど、基本はスキニーデニムと、カーキのテーパードパンツ、ネイビーのサルエルパンツをはきまわしているような感じだった。寒いからだ。
そんな足元をしているもんだから、ブーツが黒だと重くなりすぎるし、ベージュは色が合わない。だから、、グレーにした。ファストリのカラーコードでいうとこれは03グレーくらいだろうか。見ないでタグを捨ててしまった。
 
f:id:cindIII:20160216215923j:image
 
渋谷に行って用事を済ませ、家に帰ってきた。
 
劇団のメンバーの一部をウチに集めて、ブッカソンをした。ブッカソンはBook-a-thonと言って、本読みマラソンのことを示す。エンジニアたちがハッカソンをやるのの読書バージョン。
わたしの積読が溜まっているからと、ずっと前から計画していた。
 
ボーナスの出た友人がお刺身を死ぬほど買ってきてくれた。おいおいこんなにいいのかよ?というと、いいのいいのと。
なぜかからあげクンもたくさんあった。
あと、クリスピークリームドーナツ…
 
f:id:cindIII:20160216223102j:image
 
ありがてえなあ。ありがてえなあ。まともなもの食べると幸せになるなあ。
お箸はみんな割り箸にしていただいたし、刺身ももちろんパックのままだけど、十分すぎるほど豪華でしょう?
 
でもわたしは夕飯会にはしたくなかったし、多分まわりもそれを分かってくれていたから、ちゃんとブッカソンに付き合ってくれた。
ありがとうね
 
f:id:cindIII:20160216223438j:image
 
 
友人はジブリ映画の原作を7冊セットで持ってきていたりしていた。
また違う友人は自分が監修にちょろっと関わった雑誌を読んでいた。
後輩は卒論の参考文献を英語で読んでいた。彼女は英語ペラペラだけど、専門用語は辞書があったほうがわかりやすかったかもしれない。
電子辞書をどこに入れたかわたしは覚えていない。それならもう、我が家にとって電子辞書は価値のないものなんだろうか。
 
わたしはこのブッカソンで、同業の友人におすすめされて買って積んでいた『沈黙のWebマーケティング』を読んでいた。
Twitterの人事ったーとかで有名な、ウェブライダーの松尾シゲオキ氏の著書だ。わたしは彼のTwitterを仕事用(Web系とか政治系とか…)のアカウントでフォローしている。
この本は漫画ベースでストーリーが進む。逆SEOなんかにも触れている。いいことばっかり理論で説明するのではなく、闇の部分も聞かせてくれる。意味不明なページもあるけど笑、フィクション事例に沿って進んでいくので分かりやすい。
ただ、いらん内容でページ多くてさ、重いねん。持ち運びにくいわ。笑
確かKindleでセールしてたね…Kindleをおすすめするよ。

 

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

 

 

でもね、結構好きです、これ。

読んでてたのしいってのは実用書において武器だよ。
 
 
Cyndi.