読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CindⅢ site

うつ病ADHDフリーライターのクズがクズに寄り添い生きづらい世の中をなんとか生き抜いていくためのブログ

医療費ケチるのやめました。

日常

スポンサーリンク

察しのいい方には分かると思いますが(あとTwitterで散々つぶやいてますが)、いま彼氏に別れ話をされていて、どんなに重たくならないように気をつけていてもわたしという存在は重荷だったのだなぁと反省しています。

なので、少しでも彼にもたれかからないで済む人間になれるように、わたしは今本気で変わろうとしています。

f:id:cindIII:20161102110453j:image

その一環として、「医療費をケチる」ことをやめました。

わたしが取り組んでいることを、少し聞いてください。

 

精神科でカウンセリング

まず取り組み始めたのが、精神科のカウンセリングです。

薬物療法だけではわたしの病の根幹にはアプローチできない(できるまでに非常に時間がかかる)と判断し、彼氏に相応しいわたしになるためにプロの手を借りることにしました。

カウンセリングは保険もききません。

30分で3500円くらいです。これが2週に1回。

ずっとこの出費を渋ってきました。

でも、必要なことに投資するのは何も間違いじゃない。その分無駄を削る。収入を増やす。よく考えればそれだけ。

運良く初回で物腰の柔らかい良いカウンセラーさんに当たることができました。

焦り気味のわたしをゆっくりと諭してくれて、なかなか医師との短い再診時間には言えない彼氏とのお話を聞いてもらいました。目から鱗の意見もいただいて、ああ、わたし、本当に自分のことで精一杯なんだなと実感……。

次もその人にお願いしています。有意義な30分を送れることを祈っています。

 

耳鼻科でアレルギー対策

次に、耳鼻科です。

アレグラという有名な薬がありますね。花粉症の時期にはよく売れる、よく効く薬です。

わたしはそれを耳鼻科でまとめて処方してもらっていて、ケチって朝に1錠だけ飲んでいたのですが、やめました。

改めて受診をして鼻の状態を見てもらい、アレグラ朝晩1錠ずつ・点鼻薬1日1回(2噴霧ずつ)に変えました。

点鼻薬嫌いなんで前はポイしてたんですが、今回はちゃんと使ってます。笑

わたしは慢性的なアレルギー性鼻炎を持っていて、スギはもちろん、色んなものに反応してしまいます。最近だと寒冷刺激がほんとダメなんです。

鼻から睡眠の質を上げたい

わたしは過眠(日中の眠気)に悩んでいます。原因のひとつとして、主睡眠の質が自分が思ってるより悪いんじゃないか?と考えています。

鼻腔が詰まるといびきをかいたりしてしまって、睡眠の質も下がりますよね。

夜中に泣いて鼻腔が腫れた状態の日の翌日に睡眠記録アプリを見ると、眠りが深い日でもいびきかいてるのが録音されてたりするんです。

なので、いびきを減らして主睡眠の質を上げて、困っている日中の過眠が少しでも減ればいいな、なんて希望的観測。

 

内科でコレステロール値対策

あの、わたし、酒もタバコもほとんどやらないんですが。

善玉コレステロールと悪玉コレステロールの比がですね。

新橋のビールっ腹のサラリーマンと同じくらいかそれ以上に悪いみたいです(°▽°)

1人暮らししてから摂ってる栄養が偏りすぎてたんだと思います。the生活習慣病〜!

新橋のサラリーマンなら酒やめろ!タバコ吸うな!で済むんですが、わたしどっちもほぼやらないので、ここは月1の受診ですが、コレステロールを下げる高脂血症の人と同じ薬を飲んでます。

食生活も改善

食べ物も自炊の頻度を上げて前より野菜を摂るようにし(野菜高くて困る)、揚げ物を食べる頻度を極端に下げました。

歩く!ヨガ!

他にやるべきことは運動!

わたしがやっているのは歩くこととヨガ。あんまり激しくすると疲れて寝ちゃうので。

繁華街に行くときはポケモンGOしながら20〜30分くらい歩いてます。

ヨガは週1〜2くらいで、Lespasという月額1万円で習い事習い放題サービスを使ってます(招待コード入力してくれるとお互いお得になるよ→INlArZ)。

ほんと、心筋梗塞、脳梗塞なんかになってからじゃ遅いですからね……。

 

救急車沙汰にもなりました

先日ショック死するんじゃないかってくらいの胃痛に見舞われ、胃腸科を受診して「神経性胃炎」と言われました。うん、それ、ストレスだね?別れ話のストレスかな??

そして胃薬とかを4剤処方してもらったのですが、効かず、その日の夜中もずーーっと痛みが続いて3回吐きました_:(´ཀ`」 ∠):

ケチらなくて良かった!

#7119に電話して「こんな症状なんだけど救急車呼んでいい?」と聞いてOKが出たので、119番。玄関先まで助けに来てもらいました。

救急車で意識が朦朧とする中、救急隊員さんはこう仰いました。

「問診だけになるかもしれませんが、よろしいでしょうか」

ここで帰れば病院にお金は取られない。だけど、こんなに痛くて、もし何かあったら。

「大丈夫です。連れていってください」

自分の身体のことを思うと、自然にこう言えました。

病院では超音波で胃のあたりをぐりぐり見ていただき、結局経過観察ということで帰されました。笑

でも今後数日どういうものを摂るべきかとか、色々為になるお話をしていただけて良かったです。ケチらなくて良かった。

 

睡眠外来に行ってきます

今月の中旬に睡眠外来の予約を取りました。

睡眠時無呼吸症候群だけでなく、過眠症などの比較的マイナーな疾患も診てくれる病院です。

睡眠記録表を半年分つけていって持っていきます。

もしかしたら一晩検査入院することになるかもしれません。

お金、かかると思います。でも過眠はマジで困るので。お金なら払うからどうにかして対策したい。助けてくれ。

 

少しでも良くなりたいから

月に何千円も何万円もお金が飛ぶのは辛いです。ただでさえ貧乏なのに、余計に切り詰めなきゃいけない。

でも、医療費が高いからといってケチっていたら、わたしはいつまでも良くならない。

わたしはそんなの嫌です。薬をたくさん飲んででも、健康に近づいていきたい。

お金がなくて困っている方、医療費ケチってませんか?ちゃんと歯医者さんとか行けてますか?

風邪を引いた時に、内科や耳鼻咽喉科に行けていますか?適当な市販薬だけで頑張っていませんか?余計に長引かせて損してませんか?

わたしは、これからも健康のためなら自分に投資し続けます。

それが必要だからです。

 

健康第一!

 

Cyndi.