読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CindⅢ site

うつ病ADHDフリーライターのクズがクズに寄り添い生きづらい世の中をなんとか生き抜いていくためのブログ

うつ病患者だけど休職しようと思う

うつ病

スポンサーリンク
物騒なタイトルをつけてしまったけど、ほんとの話で、昨日精神科に駆け込んで診断書を書いてもらってきた。

f:id:cindIII:20150823223338j:image

物騒なタイトルなのでお花の写真で癒されてください。

いつもは2週にいっぺん診察に行ってるんだけど、
先週の土曜が普通の診察で、
会社(とても理解がある)から診断書をとりあえず経費で落とすから持ってこいと言われていたので、
「この子は鬱だよ〜業務量の改善やら環境調整やら頑張りましょ〜こっちは薬物療法やっててカウンセリングもやろうと思ってるべ〜」
って診断書を書いてもらった。

で、その次の週。

月曜…体が動かずタクシー通勤(遅刻)
火曜…震えながら通勤(定刻)
水曜…慌てすぎて忘れ物して取りに帰る(遅刻)
木曜…電車で謎の不安発作を起こし欠勤
金曜…熱まで出てきて欠勤→荒れてめちゃくちゃにリスカ

というしょうもない事態に。
詳しくは書いても仕方ないから書かないけど、
マジでわたし死にかねないなと察した。

金曜夜には母上が家にきてくれて、もうだめだーもうだめだーと泣いてしまった。
毎朝、会社に行くのが怖い。行けないんじゃないか遅刻するんじゃないかというので頭がいっぱいで狂いそうになる。

ちなみにこの月曜、わたしは改めて上司と面談して、仕事量のセーブや転換を提案していただいたばかりだ。改めて社員をみんな呼んでミーティングをして、理解していただいたばかりなのだ。
でもダメだった。心が辛いだけならともかく、熱まで出してしまった。手首どころか腕全体も気持ち悪いほど傷つけてしまった。

なんかもう、判断力の極めて落ちたこの頭で精一杯合理的に考えるとすると、
休むのが一番会社にとってもいいんじゃないかしら…と思った。


それで、駆け込みで昨日また精神科にかかったのであった。親も同席。

わたしが伝えたのは、
・↑に書いた勤怠状況
・腕切ってもうた
・ぶっちゃけもう休みたいっす
の3点。

親が聞いたのは、
・仕事をやめて治すというのはなしなのか
・入院というのはなしなのか
・休み中の過ごし方をどうしたらいいか
の3点。

お医者さんからは、
・1ヶ月休職の診断書を書くよ
・短期で復帰したいなら入院は難しい(3ヶ月以上復帰に必要なら考えられるが…)
・本人の希望もあるしまずは自宅から
・復帰、即、一人暮らしに戻るのはギャップが大きいから、休み中実家に帰りっきりはNG
・カウンセリングもはじめましょう
・シンディさんの場合パーソナリティ的なところも絡んでる気がするので(まじか)、年齢重ねるとともに良くなると思うぜよ
・だから今は抱えながら何とかやっていくのがよくて、薬断ちするために全力尽くすよりうまく付き合うのが良いよ
・そんだけ配慮してもらえるってことは日頃の仕事ぶりも悪くなかったんでしょう、よく頑張ったよこんだけ鬱なのに
みたいなことを言われた。

次週はもともと予約してたから、また診察。と、カウンセリングも入れた。
カウンセリングは母上がお金を出してくれた。


本当に人に恵まれているなと思う。
会社も、お医者さんも、もちろん心配してくれる母上も、友達も…恋人はいないけど。笑

f:id:cindIII:20150823223247j:image

母上と朝イチの病院帰りに食べた、何年ぶりかの朝マックはすごく美味しかった。
アボカドマフィンのソースは憎きマヨネーズやオーロラソースではなく(マヨ嫌い)、コブソースらしい。

f:id:cindIII:20150823223347j:image

ついでにコントミンという薬をはじめて処方された。
マジでヤバイ時用らしい。
わたし、それ用にヒルナミン持ってるぞ?と思ったけれど、ヒルナミンよりかは弱いっぽい。
なるほどそれなら少し飲みやすいかも。


気分はとても晴れやかにはならないけれど、メディカルの立場から休んでも良いと言われたことで、少しホッとした。
二連続欠勤して荒れに荒れて自分を責めて、責めすぎて、もう甘えでもクズでもカスでもなんでも構わないから休んでリセットしたいんだと気付けたのが大きかった。


あ、もしかしたら病名とかで検索してこの記事を読む人がいるかもしれないから、、
うつ病診断がついたら即座に自立支援医療(精神)を申し込みましょうね。
精神科と薬局1軒、3割負担から1割負担になるから。


今日は家に友達が来て、不器用で料理下手なわたしに代わってカレーを作ってくれた。
ありがたいな。疲れてその後5時間昼寝した。


明日上司にまた話をする。
何と言われるか分からないけど、話す。

うちの会社は本当に良い会社なのだ。

会社がすきだから、
わたしはうちの会社を
自殺者を出した会社にしたくないのだ…



Cyndi.