読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CindⅢ site

うつ病ADHDフリーライターのクズがクズに寄り添い生きづらい世の中をなんとか生き抜いていくためのブログ

明日が怖いという話

脳内スキャン 日常

スポンサーリンク
頑張れない頑張れないよ!と、体が悲鳴をあげて、心がボッキリ折れて、頭がノイズでいっぱいになった後に記憶もぷつっと途切れた。

気付いたら会社にめちゃくちゃ迷惑をかけていた。もうクビにしてくれよと思って部屋で泣いた。体温が上昇していた。

わたしは黙々と作業をする。間に合わない。終電近くまで無給で残業する。それでも間に合わない。持ち帰る。もう体が動かない。朝にやろう。駅で死ぬ。結果、自分で立てた計画より大幅に遅れる。上司にやってくれと言えるわけもなく、同期には頼めない。職種が違う。

人の優しさがつらい。素直に不快感を表されるのは、もっとつらい。

やりたいのにできない。
考えたいのに頭が働かない。
前には浮かんだアイデアが出てこない。
ルーチンワークは大体忘れる。
肩がこる。頭痛がする。涙が出る。
不安でからだがこわばる。
無気力で、動けない。
正にADDとメンヘラのハイブリッドだ。

わたし、土曜日に精神科の予約入れてるのに、それまですら我慢出来なかった。
きょう会社に行くのが怖くて震えている。
そんなことしたってどうにもならないのは分かっているのに、やるべきことは仕事であり、それ以外は何もないのに、
本来業務には関係ないはずの、社内の雰囲気等が無性に怖い。
お金がなきゃ一人暮らしらおろか医者にすら行けないのに、早くクビにしてくれって思ってしまう。

もともと仕事に取り組む姿勢だとかそんなことでひとを評価するのもされるのも嫌いで、結果がすべてでした。

結果が出せないわたしには、わたしは存在価値を与えられません。
自分で認める成果物の出来なんか関係ない。

何もかもやめて、絵を描きたい。
元彼くんはもうわたしのことちっとも好きじゃないんだし、
甘いものとマルエツの揚げ出し豆腐食べて、
ひとりでひっそり暮らしたい。

f:id:cindIII:20150731030753j:image

見かねた母上が家に来た。
わたしがベッドで寝ている中、
母上は溜まった家事をしてくれた。
少し高いデリバリーピザをとって食べた。
すぐ帰っていったけど、心配は伝わった。
クビになってでも治せと言われた。

笑えなかったの申し訳ないな、と思った。

もし明日、仕事終わりに力が残っていたら、
一泊だけ実家に帰ろうと思う。

励ま詩 もう頑張れないと思ったアナタへの30の「力」

励ま詩 もう頑張れないと思ったアナタへの30の「力」



Cyndl.