読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CindⅢ site

うつ病ADHDフリーライターのクズがクズに寄り添い生きづらい世の中をなんとか生き抜いていくためのブログ

理系交流会とやらに行ってきた

日常

スポンサーリンク
理系+(りけぷら)さんの理系交流会に行ってきました。

f:id:cindIII:20150524233925j:image
↑こんなバッグを持ってね。

りけぷらはデザフェスでワークショップをやってたのを見て知った団体。
高校生から社会人まで集めたおしゃべりする会があるということで、へー、と思って行ってみた。参加費は500円なり。

運営は大学生中心で、Webの運営から何やら色々やってるみたいだ。
Web屋としては死ぬほど突っ込みたいところがあるけど、制作チームが試行錯誤してるみたいなのでしばらく様子を見たいかな、と思う。笑

交流会はざっくり分野を分けてトーク中心に進んだ。運営がグダッていたのは否めないけれど、みんなが楽しんでこの活動をしているんだなぁというのは分かった。
居場所としての機能や、内にこもりがちな理系くん/理系ちゃんが外に出る機会として、こういうのは良いかもね。色んな意味で場慣れになるだろう。
ただ、もっともっとやれるってことを、外部がガンガン言っていいんじゃないかなって思った。

でも楽しかったよ。懐かしかった。
似た分野の人が結構参加していたり可愛い女子大生とお話したり、高校生の進路相談に乗ったり(さすが理系。レスポンスがしっかりしてた)、運営チームに大学の後輩がいたりして、きゃー!となったりしました。


個人的には、こういうオープンなイベントとかの配布物、プレゼン資料とかのデザインが気になって気になって仕方ない。根は左脳人間で、その上に右脳が乗っかってるから。そこそこセンスあると思うし。わたし。笑
ただそこで社会人がどうこうどうこう言うのは簡単で。運営チームの大学生や高校生には、楽しかった!よくできた!ところはしっかり自分らを褒めてあげて、改善点も達成感でかき消さずにしっかり見つめ直してほしい。
と、
なりたてですが社会人はそう思った。

かわいいから見守りたくなるのよねえ。

Cyndi.