読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CindⅢ site

うつ病ADHDフリーライターのクズがクズに寄り添い生きづらい世の中をなんとか生き抜いていくためのブログ

卒論かけたよ

クソライフハック

スポンサーリンク
今日は、第ニ稿が返ってきてたので
ちょこちょこと書式や、句読点や
そこらへんの直し。

くふうしたこと

私は、パソコンにファイルを

  • 表紙と目次
  • 序論
  • 方法
  • 結果考察
  • 参考文献と謝辞

という風に分けていたので、
いつもならなんとなく
「まずは序論を全部直して…」
とか思ってしまうんですが、

そこをぐっとこらえて、
先生の赤を読み取って、
メモにやることをまとめました。

ひとつを完結させていく

下記のリストの内容ひとつに対し、
表紙と目次、序論、方法、結果と考察、参考文献と謝辞。

全部終わったら、次の項目に対し
表紙と目次、序論、方法、結果と考察、参考文献と謝辞。

という流れで進めるよう決めました。

注意欠陥の気がある私には、
絶対その方が確実だと思って、
全部いじりたくなるのをぐっとこらえて。

卒論のためならできました。

注意された点

先生に言われたリストはこんな感じ。

  • 行間を空けること。
  • 文の始めは全角1文字相当のスペースを空けること。
  • 句読点やら赤を入れてくれたところを直すこと。
それにプラスして、直しによって

  • グラフや表がずれていないか
  • 目次とページNo.のズレが生じていないか
の確認をすることにしました。

もう先生のチェックは入らない。
あとは自分だけだから。

そして、できあがり

私なりに、何度も何度も見直して…

f:id:cindIII:20150225172322j:plain

できました。

泣くかと思った。

表紙とかも含めてたった34ページ。
だけど本当に、死ぬ気で作った34ページです。

でっかいバチコーン!ってできる
大きいホチキスで原稿を留めて、
研究室で買ってあったカバーをかぶせて、

いざ、製本!

f:id:cindIII:20150225172414j:plain

こうしてなんとか、
私でも卒業論文が書けました。

うれしくて仕方ない。


ゆっくりでもいい、確実に

今日の教訓は、

とにかくゆっくりでも、
確実にやること。

具体的には、
一度に1箇所の全てを終わらそうとせずに
何巡してでもいい、
確実にやりきること。

そのためにメモを取ること。
メモを無視したくなったときは、
近くの人と話して気分を変えること。



結果として、おわった順番は
同期の中では真ん中くらいでした。
私以外にも終わった子もいるし、
もう少しの子もあとほんとにもう少し。

私にできるパシリや片付けはやって、
最後だけでもみんなのためになろう。

と思いましたとさ。




製本がうまくいかなくって、
実質両面テープで留まってる私の卒論。

でもよく生まれてきてくれました、
ありがとう!

f:id:cindIII:20150225172528j:plain


美味しいもの食べて
早く寝たいところだけれど、

明日は10:30から先生に約束させられてて、一緒に片付け。笑

f:id:cindIII:20150225173021j:plain

こやつらを整理して、
いつか使うかもしれない後輩たちに
託すのです。


もう終わっちゃうのか。

さみしいな。





Cyndi.