読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CindⅢ site

うつ病ADHDフリーライターのクズがクズに寄り添い生きづらい世の中をなんとか生き抜いていくためのブログ

悲しみは、ひかりだ

脳内スキャン

スポンサーリンク
悲しみは光だ。

と言うと、
お前は何痛いことを言ってるんだ…
と思われかねないけれども、
私は似ていると思うよ。


悲しみは波だ。

ずっとそこにあって、
かきださなきゃいけないようなものでもない。
そういう時期は比較的すぐ終わる。
その後は、波のようにやってきたり
ちょっとしたことで引いていったり。
満ちている時の悲しみの深さは、
相当なものだろう。
おぼれてしまうことも時にはある。
私には今その波が来ているようです。


悲しみは粒だ。

雨だれ石をうがつ、と言います。
波があっちへ行ってるときにも、
絶えず心の何箇所かに、
悲しみは雨漏りしています。
雨粒がどんどん、どんどん
しかし地道に、心に穴を開け続けて、
波の間隔が広くなったり、
来ても弱まったりして
「ああ、私は悲しみから解放されたかも」
と思えた時には、心は穴ぼこです。
穴ぼこから中身が出てしまっていて、

空っぽです。




私は今そこにいるようです。




光は波であり、粒です。

光は不思議すぎて、
逆に私の興味をそそらなかった。


ノスタルジーに浸る暇なんかない。

昨日悲しみの波に飲まれて
なーんにもできなかったぶん、

卒論をやらないと。。。



不安を制御できないわたしが、
悲しみにまでおぼれてしまったら
これからやっていけるのか
ものすごく不安です。


もっと言えば、
今後より、今が不安です。



今決めていることは、
死なないということだけです。

ヤケになる気力さえわかないです。


f:id:cindIII:20150216112434j:plain

今年もいただきました。美味しかった。


Cyndi.