読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CindⅢ site

うつ病ADHDフリーライターのクズがクズに寄り添い生きづらい世の中をなんとか生き抜いていくためのブログ

打ち上げた。打ち上げられたい。

雑談

スポンサーリンク
f:id:cindIII:20150211125647j:plain

卒論発表そのものについては、
Facebookに書いたらすっきりしてしまった。

だからこちらには書かないでいいや。

ただ、2日目は我慢しなかった。
調子が悪ければ逃げて、
最終的には出入り口の近くにいた。
頓服の量は1日目の半量で済んだ。

留年した友達と会って話もした、
なかなか会えないからね。どうしても。

打ち上げも楽しかった。
安くて美味しい食べ放題、という
最強なお店だった。

f:id:cindIII:20150211125715j:plain
料理は下手だが、盛り付けも下手だ。


そして仕事が終わって迎えにきてくれた
仲良しのお兄ちゃん的な友達と、
ただただ普通に飲みに行った。


幸せでした。


大学進学そのものとか、
学部学科の選び方
学生生活のしかた

そのそれぞれに対しての考え方、

もちろん正解はないけれど、
私にとっては正解が多めだった。

あとは論文を書いて提出したら、
あっけないほどすぐに卒業式だ。
どれだけの人と思い出残せるだろうか、
写真、撮れるだろうか。

これほどに課題を出されてきたのに、
何故、ただただ押し出されるような気分なのだろう。





幸せな二日酔いをしながら起きた。

もう隣には誰もいない。
悲しくなった。
泣いた。


追い焚きであたためた湯に浸かりながら
ボロボロと嗚咽を漏らしながら泣いた。

ここまで幸せでありながら、
まだそれでも求めてしまう自分が
卑しく、惨めで、仕方なくなった。


寂しいんだ。
私のすきなひとに、
いや、苦手なひとでなければいいや。
あと年増と未成年もやだな。笑
(割と好みはあるな。笑)
でも誰かに抱きしめられていたい。

撫でてもらいたい。
笑いかけてほしい。
おしゃべりをしてほしい。

手と手をとってほしい。
たくさん触れたい。
私のほうを見てほしい。

1番すきだよと言ってほしい。
それをずっと続けてほしい。
止めるときは教えてほしい。

あるいは、
一緒に何もしたくない。


少しなら暴力を振るわれてもいいし、
避妊ありならセックスを強要されてもいいし、
ずっとおしゃべりをしてくれるのなら、

私は私なんかいらない。


完全にDV受ける女の気質だ。やべえな。


ひとりの時間は大事だけど、
ひとりでいるより一緒にいるのがいいくらい、
大好きな人が沢山いて仕方ない。

でも私がすきなひとは、
私のことをすきでないことが多いし、

私のことをすきなひとは、
元気な私のことをすきなことが多い。

落ち込んでいる私を心配してくれる人は
元気になったら去って行く。
私ではなく、落ち込んでいる人が心配で
元気を出させてくれる、
みんなのヒーローなのだろう。



私を大好きで大好きでしょうがなくいてくれるなら、
いっそロボットでも構わない。
誰かそばにいてほしい。

それでいっぱいおはなしをして。
いっぱいおはなしをきかせて。



と、思いながら絵を描いた。
その場にあった三色ボールペン
ゴリゴリと。
下手くそな絵を。

あまりに生気がなかったので、
黄色の蛍光ペンで少し模様をつけた。
すこし絵面が明るくなった。

うれしくなった。


うれしくなった?
あほか。




f:id:cindIII:20150211131654j:plain


私は人が好きだから、
描く絵もだいたい人物だ。







Cyndi.