読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CindⅢ site

うつ病ADHDフリーライターのクズがクズに寄り添い生きづらい世の中をなんとか生き抜いていくためのブログ

モチベーション

雑談 日常

スポンサーリンク

研究室で、発表会の練習があった

B4が通しで時間をはかり、
M2の先輩は初めての発表練習で
がっつりと直される。
 
先生は褒め上手だ。
 
なんにせよ博士号を得た教授なのだ
そんな人、個性の強くて疲れるくらいの人が多いに決まってるのに、
先生は手放しにではないが、褒めてくれる。
というか認めてくれる。
しかしきちんと直してくれて、
でも自分がつくったものを尊重してくれる。
彼はずっと研究をしてきた人なのに、
私らB4の原稿なんて
幾度やっても直したいところばかりだろうに。
 
ここの研究室は平和だね、と
他の研究室の人にもほんとうに褒められる。
集まった人がそこそこ優秀だったり
(いつも人気で、成績でふるいがかけられる)
たまたまっていうのも一因だと思うけど、
先生がすごく「お上手」だからっていうのが
とってもとっても大きいと思う。
 
モチベーションのマネジメントは難しい。
彼の態度にたくさん学んだ1年でもあった。
 
ほんとうに、卒業するのが惜しいくらいだ。
毎日あんなに通うのが辛いのに。
 

 

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか (講談社 α文庫)
 

 

 

 

 
Cyndi.